ワルエク - バルムンク

2016/10/28

ワルエクアイコン1 今回は大剣のバルムンクです。

バルムンク
©SEGA

実際のところバルムンクは数えるほどしか使っていないので、私自身の思い入れってそんなにないのですが、ワルエクを始めて割りと最初の方でフレになった人がバルムンクをリーダーにしていたので、 それを多々使わせてもらっていました。

ワルエクの序盤ってまずはどれかひとつの武器をレベル99にすることが目標じゃないですか。
その人は私よりも先行していたのでレベルも高かったことと、最初の頃にバルムンクなんて強い武器を持っているわけでもないので、とにかくバルムンクさえ選べたら勝てるみたいな感じだったんですよね。
しかも固有スキルが対獣なので、オオブタなどが出てくる比較的詰まりやすいクエストで特に活躍してくれました。
ちなみにその人は、攻撃力1000オーバー当たり前という時代になっても、リーダーバルムンクという謎の人でしたw

私は初期のスタンプはミラーズニコラウスを貰っていたので、バルムンクはほとんど当たったものしか手に入れられなかったこともあって、主戦力として使うことは皆無でした。
ただ、アリーナが実装されたばかりの頃、アリーナ用に回せる武器も無かったので、覚醒は低いけどそちらで使ってました。
それが画像のスキル構成です。

私はずっと中堅程度だったので、アリーナの上位の人には到底勝てる戦力がなかったんですよね。
そこでバルムンクにノックバックスキルをふたつ伝授して、トーチ割り作戦をしていました。
最初に移動速度の速い剣を出して位置取り、次いでバルムンクを出して、あとは槌で粘りながら押し込むという感じです。
ただこれも普通に闘ってもちょっと勝てないという相手に対して有効な作戦で、大幅に格上の相手になると速攻やられましたね。
その後デスマッチ形式ばかりになったのもあるし、火力不足という事もあって使わなくなりました。

ところでノックバックですが、大体使用コスト重いですよね。
ギガインパクトなんて、ホントにノックバック専用程度の火力しかない割りに、スキルレベル10で40という燃費の悪さです。
ワルエクでのノックバックの価値ってあまりないじゃないですか。
コストで言えば10で丁度いいくらいです。
でも10使うなら忙しないタクトでも使う方がいいので、やっぱりノックバック自体にそんなに価値がないですよね。
たださっきのアリーナの話じゃないけど、コストが軽くなるとトーチ破壊が容易になってしまうんですよね。
普通のクエストなら特に影響あって、大剣4人構成で全員ノックバックできたらクリア自体は簡単になってしまうわけです。
特に最初の頃は大きなボスがいても大剣がトーチに届いたし、むしろトーチが簡単に割れてしまって討伐がやりにくいという理由から調整されたんですよね。
その後はボスがいる場合で大剣が届いたり届かなかったりとどっちか分からなくなりましたねw
そんなわけもあってノックバックの使用コストを重く設定してあったんだとは思うのですが、そのせいで使えないスキルになってしまったし、 ノックバックが付いているせいで使わないというスキルもありましたね。
特に時間がキツイクエストだと、ノックバックってただ無駄に時間を費やすものでしかなかったんですよね。

話し戻って、バルムンクのイラストは☆4は結構好きです。
特に最初の頃は、イラストもいいし強いしバルムンクいいなぁって思ってましたね。
ただ☆5になると上の画像です。
張り切りすぎて良く分からない絵になってますw

ネイリング <前の記事|ワルエク|次の記事> チェルシス





おすすめ記事



当サイトで使用しているワルエク(ワールドエンドエクリプス)の画像は株式会社セガゲームスに帰属します。




ゲームプレイ日記

ワルエクキャラクター
©SEGA

 ワルエク(ワールドエンドエクリプス)

 2017年

ワルエクのこれまでの記事

2016年


SEGA ワールドエンドエクリプス 公式サイト



 PSO2(ファンタシースターオンライン2)

PSO2のタグ

ガロンゴとフォードラン クラフト



 英雄伝説 暁の軌跡



 グラブル(グランブルーファンタジー)

グラブルのタグ

パネルミッション 性別  秩序守る者達  ランバージャック クリュサオル



 ぷよぷよ

 ぷよぷよシミュレーター


 モンスト(モンスターストライク)