ワルエク - ワールドエンドエクリプス

2016/5/16 update
ワルエクタイトル
©SEGA

【 開発元 】 SEGA
【ジャンル】 劇場型オンラインRPG
【 料 金 】 基本無料
【 公 式 】 https://wee.sega-online.jp
【 略 称 】 ワルエク、wee

ワルエクの基本

ワルエクは主に武器と狩猟兵を育てるゲームです。

ワルエク(ワールドエンドエクリプス)の武器と狩猟兵
©SEGA

1. 狩猟兵のレベル・・・特性が上昇する
2. 狩猟兵の特性・・・速度アップ、攻撃力アップ、防御力アップなど
3. 武器の覚醒値・・・武器のパラメーターが上昇する
4. 武器のレベル・・・武器のパラメーターが上昇する
5. 武器のパラメーター・・・いわゆるステータス
6. スキルレベル・・・スキル効果(ダメージや防御、回復量など)が上昇する
7. レアリティ


ワルエクの戦闘

ワルエクの戦闘は、LとRのルートに狩猟兵を任意に出撃させて戦います。

ワルエク(ワールドエンドエクリプス)の戦闘画面
©SEGA

画面下の狩猟兵を選択すると、出撃や帰還、スキルを使うことができます。
スキルは予め武器にセットしておいたものを、状況に合わせて使い分けます。
良く使うスキルには攻撃スキルのほか、ダメージアップ、速度アップ、状態異常付与などがあります。


ワルエクの武器の召喚と強化

ワルエクで武器を強化するには、武器召喚を行い、同じ武器を合成して強化します。

ワルエク(ワールドエンドエクリプス)の武器召喚画面
©SEGA

召喚にはいくつか種類のある「竜鱗」を使います。
この竜鱗はゲーム内で手に入れることも、課金して買うこともできます。
ワルエクの武器にはレベルがありますが、これは中盤ほどからレベル99なのが当たり前の状態になるので、それ以降は武器の覚醒値とスキルレベルを上げていくことになり、 そのためには同じ武器が複数必要です。


ワルエクでの課金

ワルエクでは多くの事が竜鱗で賄うことができ、竜鱗は課金して買うこともできます。

ワルエク(ワールドエンドエクリプス)の課金画面
©SEGA

先にも述べたように、竜鱗はゲーム内で手に入れることもできるので、全く課金せずにプレイし続けることも可能ですし、課金して竜鱗を買い、すぐに武器召喚をすることもできます。
召喚で出る武器はランダムな為、お目当ての武器ばかりを手に入れることができません。
ただそこで重課金する必要も無く、多くの場合「確率アップ中」や「☆4確定」、「スタンプシートで必ず貰える」などのキャンペーンの時に合わせて、日々貯めていた竜鱗で召喚をして手に入れたりします。
課金する場合は、ここでお目当ての武器が手に入れられなかった、覚醒値を上げられなかったなどが主だと思います。
課金する時は、画像の「アキナ」が来ている時が断然得です。


ワルエクのコンテンツ

ワルエクでは現在のところ、メインストーリーなどのクエストの他、ユニオンレイド、アリーナなどが主なコンテンツとなっています。

ユニオンレイドは週末などに行われる「蝕の軍団掃討大作戦」などでのボスを、ユニオン(いわゆるギルド)内のメンバー(またはフレンド)と共に倒します。
ユニオンレイドにはランキングがあり、上位のユニオンから順番に良い報酬が得られます。

アリーナは他プレイヤー(のデータ)と戦うシステムです。
こちらもランキングがあり、上位ほど良い報酬が得られます。

ユニオンレイドもアリーナも、上位を目指すのも良いし、上位を目指さずただ参加するだけでも良いと思います。
私の場合、ユニオンレイドはぼっちユニオンで参加しているので上位は程遠いのですが、それでも良い報酬が貰えてますし、 アリーナは勝っても負けても戦績ポイントが得られるし、上位ではなくても報酬が貰えるので、どちらもそれで満足しています。


ワルエクの感想など

ワルエクは主に武器を強くすることが重要なゲームです。
この武器には固有のスキルがあり、さらにあと二つ任意のスキルを追加することができます。
スキルの内容は戦術に合わせてどの武器に何を追加するかなどを考慮し、さらにそれらの武器を持たせた兵をどう編成するか、それらをクエストの内容ごとに考えながら配備していきます。
私の場合、第七章くらいまでで一通りのシステムを理解できたので、そこからすごくおもしろくなりましたね。

ワルエクを始める前は、「戦闘は兵を出したら戦いが終わるのを見守る」程度にしか見えなかったのですが、大違いでしたw
ワルエクの紹介記事やPVなどを結構見ていましたが、それだけでは全然伝わらないおもしろさがあります。
まず、戦闘中は結構忙しいです。
PVやプレイ動画を見ても、兵が出てきて勝手にバシバシ戦っているだけに見えますが、プレイヤーは必死プレイ中ですw
いつもそういうわけではないのですが、激戦地では必死w
その反面、ほとんど自動でクエストをこなすことも結構重要で、暇があればログインしてクエストをこなしています。
これはほんとに少し時間があればできることで、ひとつのクエストをこなすだけの時間は早いと5秒くらいです。
そうして資金を貯めて、「開拓」というものをするのですが、ワルエクでは多くの事がこの開拓によって可能となります。
そのため暇があればログインして出撃するわけですね。
じっくりやることもできるし、暇な時にチラッとすることもできます。

ワルエクの登場キャラクターは個人的にすごく好みです。
プレイ日記でも書いている「鬼切丸」や「ラファエル」は名前とは裏腹にとてもかわいいw
下でも書いていますが、私は絵がかわいかったからワルエクを始めた口です。
他には男性や魔物的なキャラクターも出てくるし、そちらが好みの人でも結構良いと思います。
スキンヘッドのオヤジなどもなかなか良い感じです。

ワルエクはスマートフォンでもできるゲームなので、当然ながらPSO2などのような画面に向かってガッツリやるタイプのゲームとは違います。
それでもユニオンレイドやアリーナがある時は結構遊べるし、それ以外の時はじっくりコツコツやっていくタイプですね。
一時期社会現象となるほどヒットしたたまごを育てるキーホルダー的な、コツコツ育てる感じ。
ワルエクは中盤以降いくつも武器を育てていくことになるので、召喚しては合成し、それぞれの武器の覚醒値やスキルレベルがひとつ上がり、ふたつ上がり、というのを繰り返していく感じです。
まったりプレイが好みな人には特におすすめですね。
ゲーム内容はスマートフォンのシンプルなゲームとPCの複雑なゲームの中間のような感じです。



初版 2015/12/26

今回はSEGAのワールドエンドエクリプス、略してワルエクをやってみます。
ここでのプレイ内容はWindowsPC版になります。
他のプラットフォームはAndroid、iOS、PlayStation Vita版があります。
ジャンルはオンラインRPGだそうですが、どちらかと言えばシンプルなタクティクス・シミュレーションという感じがします。(実際にやってみると、RPGの要素も結構ありました。)

ワルエクをやってみようと思ったのは基本的には絵柄ですw
こういうタッチの絵は結構好きで、キャラクターデザインもかなり気に入っています。
もちろんゲーム内容も大事なのでどんなゲームなのかいろいろ見てみたのですが、いまひとつ分かりにくい。
そこでプレイ動画を探してみたところ、ファミ通さんがやっているプレイ動画が一番分かりやすかったですね。
さすが往年のゲーム誌だけあります。

もともとPSO2の合い間に出来そうなゲームを探していて、ワルエクが丁度良さそうだったのですよね。
ちなみにこれを書いている現在、PSO2のロビーで流れている動画はワルエクのPVですw
まんまと引っかかったわけですね。
うまいことやっていますw

PSO2は画面に向かってガッツリやるタイプのゲームですが、ワルエクはもっとこう、のんびり出来そうなイメージです。
それでゴロゴロしながらゲームパッドでやるつもりだったのですが、標準ではゲームパッドで出来なさそうです。
それでもマウスひとつでできるので、マウスだけ引っ張ってきて、ダラ〜っともたれながらは出来ますね。
環境的にはタブレットが一番良さそうな気がします。

|ワルエク|次の記事> 動作環境とインストール





当サイトで使用しているワルエク(ワールドエンドエクリプス)の画像は株式会社セガゲームスに帰属します。