暁の軌跡 - 私のおすすめキャラとみんなが使っているキャラ

2016/9/18

内容がサービス開始当初のものだったため、一番下に追記しています。

最近、おすすめキャラってなんだろうと思っています。
そんな折に武術大会が始まったので、他の人が使っているキャラが分かるようになりました。
そこで、武術大会の対戦リストから相手の分隊を観察してみました。
画面右側が対戦相手の分隊です。

英雄伝説 暁の軌跡 私のおすすめキャラとみんなが使っているキャラ
©Nihon Falcom ©USERJOY JAPAN

みんなリーヴ入れてるw
リーヴ率100%w
圧巻のリーブ率w
私も入れてたw

次いでエリィですね。
5人中4人入っています。
あとは大体バラけてますね。

私の場合、普段探索している編成のままで、そういう人も多いと思います。
予備にクロエやナハトを入れている人もいると思うし、私はクロエとエリィが予備に入っています。

暁の軌跡を始めた当初は、単に貰った物や当たった物でレアリティが高い物を使っていただけなのですが、☆4☆5が揃ってきたので、そろそろ的を絞って覚醒させていった方がいいのかなぁと思っています。
ちなみに、私が育てようと思っているキャラは
・ クロエ
・ ナハト
・ ロナード
・ リーヴ
の4人です。
主役と主役級のキャラというわけですね。
主役級のキャラが弱いわけないだろう、という安全策です。
でもロナード弱いんですけど今後大丈夫なのかなw
ファルコムのゲームって主役はそんなに強くなかったりするんですよねぇ。
さっそうと現れた人が異様に強くて、敵みんな倒してくれたりとかねw

あと、かわいいから使ってるという人も多いと思います。
つまりリーヴw
子ども社長なのにクロエよりおっきい気がします。
大体リーヴっていくつなんですかw

リーヴは声もかわいいですよね。
特にダメージを受けた時の声とか、あとアーツを使った時の声とか。
あれってなんて言ってるんですかね。
「ぴゃ」?w
なんかかわいいよw

Sクラフトを使った時も、リーヴとクロエは大体見てます。
リーヴのケンシロウとか、クロエの「決まりましたね!」は結構気に入ってます。
ロイドとナハトはすぐにスキップしてます。
ロイドに至っては、最初の頃スキップできるのを知らなくて、何回も「ライジングサン」と叫んでいるのを聞きすぎたせいで、もはやロイドではなく、ライジングさんと呼んでいます。

話が大幅に逸れましたが、製作側的に強めにしているだろうと思われるのは上記に挙げた4人と、「声」が比較的入っているキャラだと思います。
特にSクラフト時に声のないキャラは雑魚キャラ扱いということですね。
あとはクラフト時に声があるか、通常攻撃時にあるか、という感じだと思います。
だからといって、声がないから弱いと決まった話でもないんですけどね。
分からない以上、その辺を手がかりにというところです。

初めて間もない頃はガチャった時に○○RAREと出てくるものを残したりもしたのですが、画像が出てくるもの全部となるとかなり数多いですよね。
何レアなのかによって選別すればいい話でもあるのですが、わざわざそれをメモるのもめんどくさいのでやってませんw



その後、キャラが他にも追加されたり、色々分かったので追記します。

確実に言えるのは、「イベント支援ガチャ」(BCガチャ)の目玉キャラは基本強いと思っていて間違いない感じです。
BCガチャの画面の左側に表示されている画像のキャラですね。
大雑把に順位を付けると
・ BCガチャの目玉キャラ
・ BOXのラスト支援賞
・ その他
のような感じです。
主役や主役級のキャラはBOXのラスト支援賞ほどの性能になる感じです。

序盤におすすめのキャラはログインボーナスで貰えるロイドです。
これは多分暁の軌跡をやっている人なら誰でもそういうくらいだと思います。
ロイドは防御タイプで序盤で使えるキャラの中で最もDEFとADFが高くなっています。
つまり壁役に最適というわけですね。
また、STR攻撃型なのでアーツはそんなに期待する必要が無く、オーブメントにはHP攻撃防御アップを詰め込めばさらに硬く強くなります。
最低ティアラが使えるようにしておけば良いと思います。
もし序盤でも目玉キャラが当たったのなら、そちらを優先する方が良いですね。

主役級キャラの性能は目玉キャラと比べるとワンランク落ちる感じなのですが、バランスが悪くない為、目玉キャラを持っていない場合の主戦力としての有力候補です。
特にSクラフトは範囲や直線範囲が多いし、クラフトも割りと使いやすくなっています。
リーヴのSクラフトは単体ですが、オーブメントがライン1本でアーツが発動させやすく、範囲アーツも期待できるので主役級のキャラの中では最も活躍できます。

暁の軌跡を進めて行くほどに感じるのは、後衛の柔らかさです。
敵がアーツや範囲攻撃を使うようになってきて、後衛が狙われると割りとあっさりやられます。
特に範囲が広く強力な攻撃を使われた場合、もれなくやられたりするので主戦力として厳しくなってきます。
例えばロナードやエリィがそれに当てはまります。
リーヴはどちらかと言えば後衛のアーツ型なのですが、DEFとADFもそこそこあるし、HPも前衛ほどではないけど耐えられるほどあります。
こういうキャラは目玉キャラやラスト支援賞などでもいます。
逆にそういうキャラじゃない場合は、レベル1でも他のキャラと比べてHPが半分程度だったりするので見分けられます。

私のチームと編隊は以下のような感じです。
 ロイド
ナハト クロエ
 リーヴ
予備キャラと出す場所は
 クルツ
ロナード ノエル
 エリィ
という感じ。
ホントはクルツの位置に防御の高いキャラを置きたいのですが持っていないんですよね。

☆1から☆4への必要キャラ数 <前の記事|暁の軌跡|次の記事> 一章ハードバトル11クリア!





当サイトで使用している英雄伝説 暁の軌跡の画像は日本ファルコム、USERJOY JAPAN、USERJOY Technologyに帰属します。